犬がごはんを残すのは病気だから?食欲不振の対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加

犬がごはんを残すのは病気だから?食欲不振の対処法

犬がご飯を残す場合、病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)かもしれないと心配んですね。

たしかに病気の可能性もあるので、他の原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)も考えられるのです。

病気以外で考えられる原因は以下の通りでしょう。

・誤飲
・おやつの食べ過ぎ
・ドッグフード
・ストレス

誤飲が原因でご飯を残すこともあるみたいです。

拾い食いをするクセがある犬は、まずこれを一番に疑った方がいいかもしれません。

場合によると病院に連れて行いましょう。

また、おやつの食べ過ぎが原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)のようです。

おやつを必要以上に与えてしまうとお腹がいっぱいになる為ご飯を残します。

おやつは極力避けるようにした方がいいでしょう。

ドッグフードに原因もあるみたいです。

いきなりドッグフードの種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)を変えたり、ドッグフードが傷んでいると残してしまいますよね。

ストレス(過度に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)が要因でご飯を食さない場合もあるかもしれませんね。

環境が変わった時に起こりやすいので、引っ越した時は要注意です。

こういった原因が該当しない場合、病気の場合もあるかもしれませんね。

感染症や内臓疾患にかかると食欲が低下して、ご飯を残します。
 

犬が食欲不振でドッグフードを食べない
犬がドッグフードを食べないと不安ですよね。食欲不振の際にはドッグフードを変えてみるのも大事な対策です。

このエントリーをはてなブックマークに追加