限られたチャンスを

このエントリーをはてなブックマークに追加

限られたチャンスを

やりたいことを決めることは何度もということではいけません。少ないチャンスをつかむための転職はとても前向きであると思います。前向きなことはとても重要で、面接を受けた時に前向きであれば、明確な動機を伝えることができますので、メンタル的にもかなり楽になるといえます。もちろん、一発で決まればいいのですが、必ずしも一発で決まるとは限りません。決まるまではしっかりと強い意志を持っていただければと思います。

また、限られたチャンスはどうしても逃したくはないと思いますが、ただやりたいということだけでは思いが伝わらないこともありますので、具体的にどのようなことをやっていって、いずれはこうなりたいという、明確なビジョンを持っていなければ、採用されるということが難しいです。それが転職となりますと、よほどの準備をしておかなければなりません。

そして、転職先が決まってからが本番ですので、あくまでも面接まではやりたいことへの準備としてとらえておきましょう。ですから、やりたいことをするためのチャンスをもらうために、しっかりと自身の意見を出せるようにしてもらえれば、と思います。自身の意見が企業に対して、一致するのであれば採用されると思いますし、一致しなければ採用は難しいと考えてもいいのではないかと思います。

とにかく、少ないチャンスであるわけですから、どんどんチャレンジをしていかなければ、結果もついてこないでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加